So-net無料ブログ作成

「北斗星」の想い出 [壮年期]

星座の北斗七星のことではない。


上野発札幌行の豪華寝台特急「北斗星」のことである。


一度だけ乗車したことがある。


上野で駅弁を買い、発車後、食べた。大宮までは明るかったが、それ以降は景色は一変。
函館あたりで日の出を迎え、長万部でカニ飯を買い、食べ終わった頃に札幌に着いた感じである。
展望車からの眺めは素晴らしかった。


北斗星の最後の運行は2015年3月13日。運行をやめてから3年が経過した。

概要はここで読める。



北斗星.jpg





北斗星4.jpg


北斗星5.jpg



お買い得な値段と思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東京タワー水族館の想い出 [壮年期]

東京に住んでいた方なら、東京タワー見物がてら一度は水族館にも立ち寄られたことと思う。
その東京タワー水族館が今月末で閉館になるそうだ。

 
【悲報】東京タワー水族館、閉館。
http://alfalfalfa.com/articles/231916.html



この水族館の良いところは、一等地にしては雰囲気が庶民的であったこと、退館した際に癒された気になったことだ。わくわくして水槽に見入る子供が多かったことを昨日の事のように覚えている。



当時はあまり熱帯魚に関心はなかったが、何度か通ううちに熱帯魚マニアになれそうな気がした。


東京タワー水族館
http://www.suizokukan.net/index.html




20180324_2182257.jpg


20180309_2173374.jpg


20180222_2161933.jpg


20180218_2158536.jpg




この水族館は賃料未払いのために閉館に追い込まれたが、その一方で熱帯魚に関心がない人たちに熱帯魚に関心を持たせ、熱帯魚を飼う際の水槽内の植物のレイアウト、維持管理を含めいろいろなアイデアを提供してくれさながら熱帯魚飼育のためのショールームみたいな施設であったこと、水槽を見入る子供たちの表情が生き生きしていたことなど、こんな楽しい水族館があったことを忘れてはならないと思う。

タグ:熱帯魚
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

幼馴染の恋 [壮年期]

幼馴染の女の子は数人いた。
その中で恋心らしき感情を抱いたのはそのうちのたった一人。

それもたった一度遊んだ、名も知らぬ女の子に。


まさか、その人に再会することになろうとは。
その人が私に初恋したことは、驚き以上にあり得ない偶然だった。


同級生からその人の気持ちを告げられ、何が起きてそうなるのか。
私は言葉が出ない。


互いに幼馴染だと知っていたら、どんなに楽しかっただろう。
互いに幼馴染だと知っていたら、もっと気楽に向き合えたはずなのだ。


私は、知らせずにはいられない気持ちになり、手紙を書いた。
幼馴染と出会った場面を具体的に描写して説明した。

その人は信じられまい。

それは、生涯、記憶から消えることがない、心温かな風景なのだ。





21歳の時に告白して、付き合いましたが結局は恋人らしいことは何もなく遊びに行ったりするだけでした。
幼馴染は私の事を双子の妹の様だと思っていたようで、恋人にするようなことは罪悪感があったようです。

重かったかどうか聞きましたが、好きになってくれた気持ちを重いとか思わないと言っていましたよ。

途中省略

その後ですが、お互いパートナーを持ち、今も幼馴染として仲良くしています。

二人が結ばれてほしいけれど、万が一のことがあったら同じような気持ちを持った人間がいるんだな…と私の事片隅に置いておいてください。

ちなみに、失恋時や立ち直りたい時にゲーテの格言集を読んでました。

「情熱と恋愛は消え去ることはあっても好意は永遠に勝利をつげるだろう。」
「いつも変わらなくてこそ本当の愛だ、一切を与えられても一切を拒まれても、変わらなくてこそ…」
とか…。今でも励みになります。




ショパン: ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11:第2楽章[ロマンツァ:ラルゲット][ナクソス・クラシック・キュレーション #癒し]
https://www.youtube.com/watch?v=NNLednz_NYQ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

いつか旭川で住んでみたい場所 [壮年期]

久しぶりに市内のホテルにて宿泊、想い出の場所を2時間ほど早朝散歩した。


空き地が増えていることから、古い建物がどんどんなくなっていることを改めて知った。


事情が許せば、老後のある期間、旭川に住んでみたいと思っている。



以下に紹介する、 「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」は、利便性、高層階での眺望など、私のニーズを満たしている。


サービス付高齢者向け住宅.jpg



場所は、5条11丁目。ドレメ、シュロス5条、古い民家、カトリック教会など、想い出がたくさんつまった場所の一角にある。

試しに見学。大雪山連峰が見渡せる高層階は入居者が決定済みだそうだ。北海道ミサワホームが設計施工したそうで施設的にも整っている。入居者によるハイカラな絵が所せましと飾ってあり、雰囲気もよさそうだ。万が一に備え、パンフレットを頂いた。



小さい頃、高校時代の想い出が残る場所で晩年を過ごせることは、夢みたいなものかもしれない。

タグ:介護 高齢者
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

三度現れた女性の想い出 [壮年期]

当時は意識することはなかったが
目の前に三度現れた、気になっている女性がいる。


聡明で、スラッとした、育ちの良さそうな女性だった。



最初に現れたのは高校時代だったと思うが、それ以前にどこかで見かけていた
かもしれない。
気がついた時には、見かけなくなった。

事情はわからない。


学校行事の際、駅のホームで見かけたことを覚えている。



そのうち、大学で見かけるようになった。
なぜか私と同じ学年だった。

それも気になる女の子に寄り添うように現れる。
隣にいる、この女性を再び誘って欲しい
再び声をかけて欲しいという雰囲気でその女性の側にいるのだ。



自分が試されているような気がした。
暫く恋をしない決断をしているにもかかわらず、である。



それから数年後、
東京に行く飛行機で一緒になった。
ひと目で私だと気づいたようだった。



しかし、気軽に声をかけるような旅ではなかった。
ある事で上京しなくてはならない、深刻な状況にあったからだ。



その時もその女性は、私の挙動を観察しているようだった。



いかにも聡明、誠実そうで美人
男としては申し分ない女性だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚