So-net無料ブログ作成
ふるさと ブログトップ
前の5件 | -

旭川の郷土史 見落とされている分野 [ふるさと]

郷土史というと、旭川市市史編纂委員会が主宰したものが、いわゆる正史。つまり、正史があまり熱心に扱わない分野は、郷土史ではないと扱われてしまいがちである。


いろいろ読み、考えた結果となるが、旭川の場合は、郷土史を構成する重要な要素で見落とされている要素(分野)が三つあるように思う。


一つ目は、軍都としての旭川市。第七師団史は、戦後あまり語られることはない。が、歴史経緯的に郷土史の一大構成要素のはずである。「旭川第七師団 復刻改訂版」という本が出ている。北鎮記念館に行けばそれなりの資料閲覧が可能。


二つ目は、大雪山国立公園の存在。行政管轄的に、大雪山国立公園の名峰が旭川市に属していないため、旭川市と関連づけて大雪山国立公園のことが語られることは行政文書的にはほとんどない。旭川市民なら、小さい頃から、北は黒岳から旭岳、トムラウシ、十勝岳連邦に至る山岳風景は、馴染みの光景だったはずだ。晴れた日に12号線で高砂台を通過した際、南北に広がる壮大な光景に、私は何度も励まされた。時代が変わっても、空気のような、それでいて心の風景であり続けた、大雪山国立公園のことが郷土史本の中でほとんど言及ないことは、残念なことである。


三つ目は、鉄道史。旭川市が北海道の地理的中心に位置していることから、鉄道史と関連づけて眺めることが可能である。蒸気機関車、電化の時代を経、廃線・廃駅が相次ぐ昨今、我々が育った地域環境を知ると、北海道は国鉄時代から鉄道王国であったことがわかる。近年、鉄道本の発刊が相次いでいる。ただ、旭川駅、旭川周辺の鉄道写真でこれら鉄道本に掲載されるものは少ない。そうなってしまう理由は、列車が走る風景写真でこれといったものが見当たらないためである。強いて言うと、冬の除雪車、貨物列車、塩狩峠付近の画像くらい。鉄道の拠点であるにしては鉄道写真的に地味な街なのである。


要するに、一般向けに発売されている郷土史本において、本来、郷土史の重要な構成要素であるはずの、軍事史、国立公園、鉄道分野が見落とされている(忘れ去られている)と言いたいのである。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

グラフ「旭川」の郷土史特集 [ふるさと]

グラフ「旭川」という雑誌、郷土史ものを扱う雑誌ではなかったが、ここに来て、郷土史が特集に組まれている。読者層高齢化が関係しているのであろう。
なお、かなり前に事務所が5条通りから、9条通りに移転している。


40年前の旭川市中心部を振り返る
http://www.graph-as.com/page2/ev_201910_2.html


旭川駅120年間の歴史を振り返る
http://www.graph-as.com/page2/ev_201807_1.html

グラフ旭川201807.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

緑橋ビル [ふるさと]

市街地の商業ビルが次々と取り壊され、更地化していく中で、緑橋ビルは細々とではあるが生き残っている。昔は、ビルの中にも店舗があったが、今は路面店だけになってしまった。


緑橋ビルについては、郷土史本の写真で、これといったものを見たことがない。が、花壇からビルを眺めれば、構図的にサマになりそうだ。つくりは古いが鉄骨、鉄筋がふんだんに使われ、頑丈にできているのかもしれない。


花壇を手入れされている方に感謝する次第。


緑橋B1.jpg


緑橋B2.jpg

タグ:商業ビル
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

七条交番の想い出 [ふるさと]

その交番は、今はその場所にない
気がついたらなくなっていた
その場所に交番があったという記憶が残った


記憶といっても
通りがかった際に
交番の中か外で、警官が誰かと話している記憶
しかない





「写真が語る旭川」、「写真集 明治大正昭和旭川 ふるさとの想い出」、二冊の本にその交番の写真がある。二つの写真とも、撮影時期、撮影者はほぼ同じような気がする。


写真が語る旭川

7条交番 写真が語る旭川.jpg


写真集 明治大正昭和旭川 ふるさとの想い出

7条交番 昭和30年頃.jpg


普段は近寄りがたい場所であるが、当時の雰囲気は、この写真のとおりである。


交番にお邪魔して世間話した経験がある人がたくさんいた時代なのだ。
遊郭が近くにあったことで、交番が駆け込み寺あるいは身の上相談するような場所だったのではないか。


そして、交番が絵葉書にもなった。


http://aiwaprint.jp
旭川街角スケッチ12

七条通り中央交番.jpg


七条交番は市民に愛された交番だったようである。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

あさひかわ街角スケッチ第12集発売開始 [ふるさと]

第12集の内訳はこうなっている。



旭川商工会議所(S12-47)/中村 忠雄
昭和通り1条6丁目付近(H7)/菱谷 良一
東高2代目校舎(S31-H3)/富田 忠征
藤井病院旧診療所(T11-S62)/中野美枝子
七条通中央交番(S30年代頃頃)/菱谷 良一
文化市場(S30年代頃)/米沢 靖子
旭川地方気象台(T5-S35)/菱谷 良一
藤田邸/富田 忠征


七条通り中央交番.jpg



七条通り中央交番がデフォルメされているのが面白い。通りがかりに何度もみたこともあり、交番の中では愛着がわくところだった。小説氷点をテレビドラマで見た人には、宮下22丁目の藤田邸がなつかしいことだろう。

タグ:絵葉書
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - ふるさと ブログトップ